×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ボード2000

ライフセーバーとは?
豪州を始めとし、米国、欧州ではすでに職業としてのライフガードが存在します。また、その人口も日本と比較すると約140倍の開きがあると言われています。これは、国民性、市民の認知度の影響が大きく左右しています。一般にライフガード、ライフセーバーは、海やプールでレジャーを楽しむ人々の監視業務と、事故を未然に防ぐ活動、そして、実際に事故が発生した場合、迅速に対処し最小限に防ぐ業務に携わっています。欧米などでは市民の生活に完全に浸透し、ボランティア活動だけでなく、国民的なスポーツとしても親しまれています。

日本でのライフセーバーの現状は?
欧米ではすでに100年の歴史を持つライフセーバーですが、日本には、約20年前に輸入されました。最近メディアにも取り上げられる機会も増え、認知度も年々増しつつあります。
 海に囲まれている我が国日本では、約1400カ所の海水浴場があります。そして、死亡につながる水難事故の年間発生件数は、1300件にものぼります。その約半数は夏のシーズン中に発生した事故が原因であります。
 つまり、年間にそれだけ多くの尊い命が失われているのです。この現状の重要性と緊急性を感じた厚生省、及び地方自治体の「水辺の安全確保」活動が最近になって活発化してきました。
 99年度日本の海水浴場における監視員の設置は、前年度比約30%増というデータ結果が発表されております。2000年にはその数も更に伸びると予測されています。
 多くの海岸で監視員を設置することにより、事故による犠牲者が減少されるでしょう。しかし、問題は監視員を設置すれば、「事故を未然に防げるのか?」という疑問であります。    <Global Life Pressから引用>


FLAGSの説明 各F、L、A、G、S、にカーソルを合わせて下さいね。
フラッグを見つけて旗と旗の間で泳いでくださいね! 遊泳可かどうか、旗の色を確かめてくださいね! 今日の海洋状況等、なんでもライフセーバーに聞いてくださいね♪ 一人では泳がないで下さいね。出来るだけ誰かと一緒に♪ 助けが必要なときは、片手をまっすぐ挙げて振って下さい!
★平成13年度パトロールレスキュー報告
昨年よりレスキュー件数半減!工夫された啓蒙活動とジュニア・ライフセービング教室の開催が目立つ
全国には約1300箇所の海水浴場がありますが、今年はそのうち135箇所の海水浴場で資格をもったライフセーバー達の地道なパトロール、レスキュー活動が展開されました。   全体のレスキュー件数は1,536件で、去年に比べると半減しています。   これは、気象状況や、海水浴客数にも左右されますが、現場ライフセーバーのパトロール報告によると、事故の発生しやすい正午から、午後3時までの時間帯に浜辺や波打ち際のパトロールを強化したり、水辺の安全に関するキャンペーンの開催やインフォメーションボードを作って海水浴客とのコミュニケーションを図るなどの活動の成果であるとのこと。   「事故は未然に防ぐ」をモットーに、数字には表れてこない工夫された安全啓蒙活動が事故の現象に大きな役割を果たしています。   その他、期間中に地域のライフセービングクラブによるジュニア・ライフセービング教室の開催が増えているのが印象的で、地域の子ども達に安全に海を楽しんでもらうための基礎入門や、地域で活躍する将来のライフyoriセーバーの育成を目指すものまで、地域によってプログラムは様々です。どのような海岸を創るのか、長期ビジョンや地域復興の計画の主軸としてジュニア・ライフセービングプログラムが取り上げられ、安全で親しまれる海水浴場を目指す自治体から注目されています。   ライフセーバーが配置されていない海水浴場が全国でまだ9割を占めるわけですが、この活動が全国に普及するにしたがって、事故は確実に減っていくということは、この報告が示す通りであると言えます。                                 【LSインフォメーション「THE RESCUE VOL。27]より引用】
★レスキュー件数【単位:人】
死亡 蘇生 軽溺者 安全移送 合計
6 2 197 1,331 1,536
蘇生・・・・・救助時、意識なし。もしくは脈、呼吸停止を蘇生させたもの。
軽溺者・・・意識はあるが、磁力で浮き続けることが出来ない状態の救助。
安全移送・自力で移動する事の出来ない遊泳者を浜や安全な場所まで移動したもの。

★応急手当数
切り傷 刺し傷 擦り傷 打撲 捻挫 骨折 脱臼 痙攣 日焼け 熱中症 腹痛 クラゲ その他 合計
2,685 376 1,369 55 43 8 43 6 20 69 33 6,732 946 12,385

★レスキューの概要
1.救助器具別
IRB マリンジェット ボード チューブ その他 不明 合計
14 88 268 569 83 624 3297

2.遊泳条件別
遊泳可 遊泳注意 遊泳禁止 不明 合計
950 536 44 6 1,536

3.原因別
潮流 陥没急深 泳力不足 痙攣 ケガ 飲酒 睡眠不足 不明 合計
820 103 111 32 225 4 23 34 29 807 1,705

4.時間帯別
〜9:00 9:00〜 10:00〜 11:00〜 12:00〜 13:00〜 14:00〜 15:00〜 16:00〜 17:00〜 不明 合計
6 34 72 111 122 134 128 95 42 23 769 1,536
時間帯別

5.性別・年齢別
年齢 〜9才 10〜19才 20〜29才 30〜39才 40〜49才 50才〜 不明
男性 85 149 138 57 23 24 772
女性 37 94 108 30 16 3
性別&年齢別
3/2/2006 up dated

神戸ライフセービングクラブKLSCキャップContents
【トップページ】
予定 スケジュール(現) スケジュール(過去)
紹介 クラブ紹介 メンバー紹介 報道紹介
ライフセーバーとは
活動 活動アルバム ラジオ活動 活動場所 総会
競技 サカマタカップ 競技関係
勉強 CPR 新CPR レポート 器材メンテ 歴史 合宿
掲示板 PC用 携帯用 みんなのブログ
資格 資格関係
募集 メンバー募集 チラシ
販売 クラブグッズ 10周年クラブグッズ
リンク リンク バースデー 各クラブステッカー
その他 その他のリンク クロスケ